科学する料理研究家 平松 サリー 食・科学ライター 平松 紘実 

<経歴>

静岡県出身

京都大学農学部卒業

京都大学大学院農学研究科修士課程修了

平成22年度 京都大学総長賞受賞

 

 生き物がつくられる仕組みを学ぼうと、京都大学農学部に入学。遺伝学やタンパク質工学、バイオ技術を中心に学ぶ。

 また、食品科学などの授業を受けるうちに、科学の中に「料理がおいしくできる仕組み」があることを知り、料理と科学の関係に興味を持つようになる。大学での講義を聞いては料理のことを考え、料理本を開いては科学を考える大学生活を送る。

 大学院ではタンパク質工学を専攻。落花生アレルゲンや種子中のタンパク質について研究を行った。

 

 科学をわかりやすく楽しく伝えたいと考え、大学在学中に、料理のコツを科学で解説するブログを始める。

 2011年よりライター、科学する料理研究家として本格的に活動を開始。2013年には初のレシピ本『「おいしい」を科学して、レシピにしました。」を刊行。

 

詳しい活動実績はこちらをごらんください。

 

  



活動概要

科学する料理研究家として…

テーマ

「"おいしい"を科学する」「科学をわかりやすく楽しく、より身近に」

 

活動内容

料理のなぜ?や、おいしくなるコツを、科学で解説しています。

 

「科学で料理上手に」「料理を通じて科学が楽しく」

そんなコンテンツをご提供します。

 

執筆やレシピ開発、簡単な料理写真の撮影、ラジオやテレビへの出演、

展示やイベントの企画・監修、料理講座の開催(不定期) など

 

科学ライターとして…

テーマ

「科学を、やさしくわかりやすく」表現する

 

活動内容

主に、一般向けの科学読み物、図鑑、雑誌などの文章を執筆しています。

 

・科学関連の雑誌・書籍の制作

・企業Webサイト、パンフレットの制作

・科学者、技術者への取材  など

 

理系ライターズ「チーム・パスカル」のメンバーとしても活動しています。